無料で使えるSEOサイトとキーワード選定サイト!

KeyWord+SEO無料で使える日本語対応サイト紹介!

日本語に対応!無料で使用できる『SEO対策』サイトと『KeyWord』検索サイト

KeyWord+SEO無料で使える日本語対応サイト紹介!

Webサイトを運営している方なら、誰もが検索エンジンを意識し検索順位アップに結びつける対策を行う必要があります。なぜなら、ウェブサイトへの集客は依然として、検索行動からの流入が多いのが現実であり、検索上位を獲得することは、Webプロモーション成功の大きな鍵になっているからです。


検索キーワード選定を行う場合、専用のサイトや専用のツールを使用されているを思います。特に人気が高い『Googleキーワードプランナー』を中心に『Googleトレンド』・『Google Insights for Search』などを活用されている方が多いと思います。『Googleキーワードプランナー』は、選定した関連キーワードの検索ボリュームを手軽に洗い出すには非常に便利です。『SEO対策』を行う前に、大まかにキーワードの検索ボリュームを確認したい場合は非常に有効だと思います。


特に新しく自社若しくは個人のWebサイトを創るとき、またはWebサイトを創って世界に作ったサイトの情報を発信したいときに必要になるのが『SEO対策』です。『SEO対策』(Search Engine Optimization)とは、検索結果で自社若しくは自分自身ののWebサイトを多く検索サイトの上位に露出をするために行う対策のことで『検索エンジン最適化』とも呼ばれます。


『SEO対策』を考えたなら初めにどのようなキーワードで『SEO対策』をするか悩むと思います。『SEO対策』をするために最初にぶつかる壁が、どんなキーワード使用して『SEO対策』に適したWebサイトを創るのか?そのキーワードが重要なカギになってきます。このWebサイト作成に重要なカギである『キーワードの選定』は『非常に重要度』が高いのですが、なかなか思うようにキーワードを選定できないケースが多いのではないかと思われます。


そこで、今回は無料で更に幅広く深く選定するキーワードを調査をする時に非常に便利な検索キーワードサイトや調査ツールサイトをまとめて紹介します。特に海外には検索キーワードを調べるためのツールやサイトは多数存在しますが、日本や日本語に対応していないことが多いため、日本語に対応していて無料で使用できる『SEO対策』サイトと『KeyWord』検索サイトおよび関連サイトをまとめてご紹介します。

目次


アフェリエイトユーザーに愛用されているSEOチェキ

無料ツールとして、ホームページの【URL】を入力するだけで

解説:SEOチェキ

SEOチェキは無料ツールとして、ホームページの【URL】を入力するだけで【SEO】に関するあらゆるデータを取得できる無料のツールです。アフィリエイター御用達ツールで以前から利用されています。操作が非常に簡単で判りやすいため多くのアフェリエイトユーザーに愛用されている有名なツールです。外部リンク対策が有効な時期に開発された【SEOツール】のため、現在は特に気にする必要のない項目もありますが、その中でも検索順位チェックツールは今でも有用です。

SEOチェキ

【基本チェック項目】 【追加チェック項目】
【title・meta description・meta keywords・h1タグ】
【発リンク数(内部リンク・外部リンク)】
【最終更新日時・ファイルサイズ・読込時間】
【Alexaランキング】
【Google・Yahoo!のインデックス数】
【利用ホスト】
【ドメインの登録年月日】
【Yahoo!カテゴリ等、各ディレクトリの登録状況】
【Facebookの「いいね!」の数】
【ソーシャルブックマーク登録数】

【追加チェック項目】
【検索順位】
【キーワード出現頻度】
【発リンク一覧】
【Whois情報】
【HTTPヘッダ情報】
       


SEOチェキ


【目次】

SEO診断する時に便利なサービスSEO高屋

マニアックなSEOツール

【リンク】:SEO高屋

【SEO高屋】とは【SEOチェキ】とほぼ同じ機能、さらにこちらはブラックリストに入っているドメインなどを調べたりできるややマニアックなSEOツールです。自社のホームページで売上を伸ばしたいのであれば『SEO対策』は必須の施策です。『SEO対策』を実施する時に便利なサービスは多数ありますが、登録して数回使っただけでいつの間にか訪問しなくなり、どのようなサイトかも忘れてしまった、という経験をされた方は少なくないのではないでしょうか。

SEO高屋

【SEO高屋】はサイトのURLを入力するだけで、titleやh1、キーワード比率、発リンクチェックなどSEOに重要な内容を調べることができます。簡単に様々な情報の取得ができるため、サイトの『SEO対策』を診断する上でとても便利なサービスです。『SEO対策』を診断する時に便利なサービスは多数ありますが【SEO高屋】は1クリックで自動解析できるのが特徴です。


SEO高屋


【目次】

驚愕の勢いで進化し続ける『SEOツール』

『SEOツール』はあらゆるチェックツールです。

【リンク】:SEOツール

『SEO業者』のプロの視点から『SEO対策』行う際に必要とされ、あらゆるチェックツールです。『SEOツール』はAjax,PHPで構築されており、特に情報取得のスピードを重要視されて設計されています。SEOは常に未完成で進化し続けるツールです。『SEOツール』はGoogleとYahoo!とbingの検索順位を調査できます。初期設定ではGoogleのみの順位を取得しますが、チェックボックスにチェックを入れることでyahoo!、bingの順位も取得します。URLを入力し、テキストボックスに順位を検索したいワードを改行区切りで入力します。(最大で10件までご入力いただけます。)

SEOツール

「Googleプレイスページを除く」チェックボックスをチェックすることで、Googleの検索結果に表示されてしまう”プレイスページ”を除いて、検索順位を取得することができます。「100件ずつ検索」とは、検索結果を一度に100件取得し、その中から検索順位を調査します。


「20位まで10件ずつ検索」とは、20位までは検索結果を一度に10件ずつ取得し、その中から検索順位を調査します。 しかし、20位以内にランクインしていない場合は、検索結果を一度に100件取得し、その中から検索順位を調査します。検索結果を一度に100件取得した場合の検索結果と10件ずつ取得した場合の検索結果はgoogleの仕様上、異なります。 故に「100件ずつ検索」と「20位まで10件ずつ検索」とでは表示される順位が異なります。 正確な順位を調べたい時は「20位まで10件ずつ検索」をご選択ください。


SEOツール


【目次】

『goodkeyword』ってなに?

トレンド・アフィリエイトに最適な関連キーワード選定ツール!

【リンク】:goodkeyword

『goodkeyword』とは!『トレンド・アフィリエイト』を実践する上で、成果を出すのに最も適切なスキルは『キーワード選定』です。 なかなか成果が出ないと嘆いている人は大抵、このキーワード選定が適切ではないケースがほとんどです。 簡単な話『『需要がある』キーワードを選べばいいのですが、それができれば苦労はしないでいと思われます。適切な『キーワード』を見抜く技術を習得して、その感覚やセンスを磨くまでには最低限の時間が必要になってきます。『goodkeyword』という『キーワード選定ツール』を使用して適切なキーワードを選択して『トレンド・アフィリエイト』を実践して頂けます。

goodkeyword


検索したキーワードの周辺語も表示されます。『goodkeyword』では、検索ボリューム表示の下部に検索した『キーワード』の周辺語も表示してくれる機能があります。これを活用することによって、メインとなるキーワードの関連語や、周辺語を利用し、記事やコンテンツを作成すれば、SEOを強くする効果が見込まれます。


goodkeyword


【目次】

【kizasi.jp】コトバを見つけよう!

コトバを使う人々の感性を知ることができます。

【リンク】:kizasi.jp

コトバを実際に使っている人たちのことは意外とわからないものです。でも、その人たちがあなたのターゲットであり、情報やメッセージを本当に伝えたい人たちです。そこで、生活者がブログに日々綴っているコトバに着目します。ブログは、生活者が日常、自発的に使っているコトバです。この言語使用データを解析することで、コトバを使う人々の感性を知ることができます。そこには、あなたにインスピレーションを与えるような何かがあるはずです。コトバ探しには、知恵と努力、そしてセンス(感性)が必要です。

kizasi.jp

kizasi.jp:⇒トレンドキーワード


トレンドを一番先に見つけるために!
【kizasi.jp】では、大手ブログサイトを中心に毎日25万のブログエントリーを収集、タイトルと本文に記されたすべてのコトバを解析し、約10分おきにデータを更新しています。【kizasi.jp】が収集しているブログの合計数を約10分おきのデータ更新時に再集計して表示しています。前のブログを書いている人の合計数(厳密にはブログのタイトル数。1人が2つのブログを書いている場合は2になります)、後の 「○○エントリー」は、ブログエントリー(ブログに書かれた1つ1つの記事のこと)の合計数です。


kizasi.jp


【目次】

KOUHO.jp究極のサジェストツール

『KOUHO.jp』キーワード検索候補(サジェストワード)

【リンク】:KOUHO.jp

キーワード検索候補(サジェストワード)を確認するとき素晴らしい機能を発揮するのが『KOUHO.jp』】です。『KOUHO.jp』は『キーワード候補を探すために追究された究極のサジェストツールです。サジェストワードの検索対象としては【Googleサジェスト】【Amazonサジェスト】【楽天サジェスト】【Bingサジェスト】【はてな連想語】【Yahoo知恵袋】【Twitter共起語】などが個別に使用できます。

KOUHO.jp


『KOUHO.jp』は、オンラインの「キーワード候補を探すためのサジェストツール『KOUHO.jp』」です。キーワード・サジェスト・ツールとして凄い機能を備えています。既に頭の中にあるキーワードと関連するロングテールのサジェストワードを知りたいという用途では、便利に使えます。『KOUHO.jp』は【Google】のオートコンプリート機能を使って、関連するロングテールキーワードのリストを生成する仕組みです。


『KOUHO.jp』は50音順の表示形式はとても見やすく、気になるキーワードを直接見つけることができます。また、セットで検索されているキーワードをあわせて調べることができるため、追加検索をおこなう手間や時間を短縮することが可能です。


使い方は簡単。キーワードを入力して【GO】をクリックするだけ。これだけで、非常に多くのキーワードを取得することができます。しかも無料。いつもお世話になっております、ありがとうございます。気を付けなければならないのは、候補の中には、あまり使用頻度が高くないワードも含まれている点です。ただ、「ユーザがどのような検索をするのか」ということを知るには、非常に役立つツールです。


KOUHO.jp


【目次】

検索キーワード

関連キーワードを一括取得

【リンク】:検索キーワード

検索キーワード

Googleサジェスト、教えて!goo、Yahoo!知恵袋、これらの情報元より関連キーワードを一括取得し、表示するツールです。関連キーワードから、新たに作成するWEBコンテンツの発想を得たり、用途はそれなりです。

過剰な利用が発生した際、データ取得に制限が掛かる可能性があります。状況に応じて対応を行いますが、永続的なサービス提供を保証する物ではございません。取得データは10日程キャッシュを取りますので、最新でない場合があります。処理時間は1秒クライ、キャッシュがあると早いようです。


検索キーワード


【目次】

『OMUSUBI』Web検索のインターフェース

『視覚化』してくれる『OMUSUBI』

【リンク】:OMUSUBI

『OMUSUBI』はキーワードの選定を『視覚化』してくれるWeb検索のインターフェースの斬新な検索方法です。 このツールではGoogleのほかにもYouTube、Amazon、Bing、Dailymotion、wikipediaなどの主要コンテンツにも使用可能です。

OMUSUBI

キーワードマップツール『OMUSUBI』はキーワードを入力するとキーワードマップと呼ばれるものを自動的に作成してくれます。いわゆるマインドマップみたいな感じですねー。『OMUSUBI』の素晴らしい点は、とにかく直感的に操作できるところ!キーワードプランナーのようなブログ初心者にとって煩雑な操作をすることなく『トレンド』となっているキーワードを検索できるのが嬉しいですね。


OMUSUBI


【目次】

『cotoha.com』ニュースや話題のまとめサイト!

『cotoha.com』は一気に調査する事ができます。

【リンク】:【リンク】

『cotoha.com』は、キーワードからわかるニュースや話題のまとめサイトです。「それって何?」「その人は誰?」「その人がどうしたの?」といったトピックスがわかります。指定したキーワードに関連するニュースなどがまとめてチェックできるサイトです。ターゲットにしているキーワード周辺でどんな話題が発生しているかをまとめて一気に調査する事ができます。Googleニュースと違い、ニュース以外に関連記事やYahoo!知恵袋の結果なども提示してくれるので、幅広く情報を集めたい時には便利です。

cotoha.com

cotoha.com


『cotoha.com』は調べたいキーワードを入力するか、各サイトのトレンド、最新のつぶやきワードなどのリンクをクリックします。連想語は検索結果画面の右上に表示され、入力したキーワードと関連の深い単語や、ブログの同一文脈で一緒に語られる言葉を表示してくれます。


cotoha.com


【目次】

類語検索

【Weblio類語辞典】

【Weblio類語辞典】やシソーラス辞書を一度に検索する、類語検索機能です。 検索キーワードに類似した表現や、キーワードの別名などを調べることができます。 類語辞典の表示例. 類語辞典「Weblio類語辞書」について. 類語辞典「Weblio類語辞書」は、日常的な言葉や表現の言い換え方を提案する、Weblioの類語辞書です。類語辞典の特徴、様々な同義語や同意語の日本語表現を約40万語を収録。使う場面やニュアンスごとに、類語とシソーラスを分類・整理。リンクによって「類語の類語」を簡単に検索。名詞や形容詞、感嘆符など、品詞の区別にとらわれず類語を紹介。通俗表現やセリフも多数収録。


Weblio類語辞典

【Weblio対義語・反対語辞典】

【Weblio対義語・反対語辞典】普通の反対の意味の言葉。・1.対義語・反対語普通⇔希少意味かなり多くあり普段から目にしているさま極めて少なく、普段は目にする機会がないさま同じ意味の言葉ざら稀;まれ2.対義語・反対語普通⇔奇抜意味ありふれているさま普通でない要… – 逆の意味の言葉や熟語を調べられる対義語辞典.いろいろな対義語や反対語の日本語表現を約8500語収録しています。類語辞典と連動しているために、反対の意味の言葉から類似する言葉を簡単に調べることができます。


Weblio対義語・反対語辞典

【連想類語辞典】

【連想類語辞典】はこんなときに役立ちます。もっと的確な言い回しを見つけたいとき、言い換えが可能な違う言葉を見つけたいとき、単調な文章になってしまったなーと感じたとき、ある言葉から連想される言葉を知りたいとき。もっと的確な言い回しを見つけたいとき、言い換えが可能な違う言葉を見つけたいとき、単調な文章になってしまったなーと感じたとき、ある言葉から連想される言葉を知りたいとき、検索フォームや索引から言葉を指定すると、その言葉の類語、同義語、連想語が表示されます。表示された言葉のリンクをたどることで【類語の類語】も簡単に検索に検索できます。


連想類語辞典

【共起語検索】

【共起語検索】は、入力したキーワードと併記される事の多いワードを抽出するツールです。Google/yahoo の検索結果上位のページのコンテンツで形態素解析を行い、頻出する語を共起語として表示しています。Googleの検索ワードTOP50サイトを母集団に共起語を抽出します。 単純に検索ワードを入力すると、共起語として認識されていると思われる単語を出力します。


共起語検索

【語源由来辞典】

【語源由来辞典】は、語源由来辞典の全文検索機能です。言語由来辞典は語源の専門サイトですから検索時には『語源』や『由来』といった『キーワード』を含める必要がありません。『ダイエット』のように単語を入力するだけで、目的の語源を検索することができます。


語源由来辞典


【目次】

Google

Googleトレンド

【リンク】:Googleトレンド

Googleトレンドは現在、検索回数が急上昇しているキーワードを知ることができるツールです。キーワードごとに時系列で検索クエリの増減をチェックすることも出来ます。今話題のキーワードや特定のキーワードがどれくらい検索されているのか調査をするときに非常に役に立つツールです。【SEO対策】をするとき、キーワード調査に使ったことがある方も多いと思います。


Googleトレンドが蓄積している膨大な検索データをもとにした、人気急上昇のキーワードや特定の キーワードの検索回数の推移をグラフで確認できます。特定キーワードがある期間内でどれくらい検索されているのかを知ることができます。 検索数の最高値を基準値の100とし、その他を相対的に表示しています。数値が50の場合はそのキーワードが最も検索されたときの半分であることを示します。数値が0のときは最も高いときと比較して1%未満のことを示します。


国・地域別で絞込をした場合は地域や都市別にどの地域で最も高かったのかを表示することができます。期間はデフォルトが5年で設定されていて、2008年からの情報を参照することが可能です。また、Web検索だけではなく、Youtube・ニュース・画像・ショッピング検索でのキーワードの検索もできます。


検索数の推移を5つまで同時に比較することができます。 最も検索されたキーワードの最高値を100とし、相対的な検索数をグラフで参照することが可能です。各キーワードの平均値も参照することができます。


Googleトレンド

Google Insights for Search

【リンク】:Google Insights for Search

『Google Insights for Search』Googleトレンドをさらに詳細化したサービスです。期間や地域ごとに、時系列で検索ボリュームの増減を知ることが出来ます。指定したキーワードが検索数全体に対してどのくらいの割合を占めているかのデータを示します。したがって、グラフの線が下降しているからといって、検索ボリュームも下がっているわけではないのです。全体に占める比率が下がってきたに過ぎないのです。ひょっとしたら、検索数自体は上昇しているかもしれません。そのキーワードに対する興味関心が薄れてきて、トレンド(流行)ではなくなってきたということになります。

複数キーワードをそのまま入力したときは、すべてのキーワードが含まれる検索のデータを返します。キーワードの順番は、考慮されません。「””(ダブルクォーテーション)」で囲ったときは、入力した順番で検索した場合のデータだけが返されます。より絞り込んだリサーチができます。「マイナス記号」は、無関係なキーワードのデータを除外するときに役立ちます。


Google Insights for Search

Google AdWords キーワード プランナー

【リンク】:Google AdWords キーワード プランナー

【Google AdWords キーワード プランナー】Google Adworsの無料ツールです。Googleアドワーズのユーザー向けのサービスですが、アカウントの取得(無料)さえすれば広告出稿関係なく、利用することができます。関連キーワードはもちろん、キーワードの「月間検索数」や「競合の多さ」「入札単価」等を調べることができ、多くの人が利用しているキーワードツールです。

【Google AdWords キーワード プランナー】でキーワードを探す。 宣伝する商品やサービス、ランディング ページ、カテゴリと関連性の高い語句で検索すると、新しいキーワードや広告グループの候補を探すことができます。過去の掲載結果データとトラフィックの予測データを確認する。 検索件数などの掲載結果データを基に、新たに追加するキーワードを選ぶことができます。予想クリック数や推定コンバージョン数などの予測データを入手すると、特定の入札単価や予算設定を基に、登録したキーワードでどの程度の成果を見込めるのか把握できます。こうした予測データは、入札単価や予算額を決める際にも参考になります。

なお、キーワード プランナーでは信頼性の高いキーワード候補やトラフィックの予測データを取得できますが、広告の掲載結果はさまざまな要因により変動しますのでご注意ください。たとえば、入札単価、予算、商品、業界の消費者動向などによっても、広告掲載の成果は変わります。


Google AdWords キーワード プランナー


【目次】

Yahoo

Yahoo!リアルタイム検索

【リンク】:Yahoo!リアルタイム検索
Yahoo!リアルタイム検索とはTwitter・Facebook・Instagramの投稿をYahoo!検索でリアルタイムに検索できます。検索できるツイートは非公開に設定されていない日本語のツイートです。 検索できるFacebookの投稿は「公開」に設定されているものです。検索できるInstagramの投稿は、一部の人気アカウントです。 問題があると考えられるツイート(つぶやき)や投稿を自動的に判定して、検索結果に反映しない場合があります。これをSEOやコンテンツマーケティングに活用する場合、話題に合わせて即時にコンテンツ化できる体制も必要となりますが、使いこなせれば強力なツールです。

検索語入力欄にキーワードの一部を入力すると、検索キーワードの候補として、「関連検索ワード」が自動的に表示される機能です。候補のなかに、入力しようとしていたキーワードが見つかれば、最後まで入力する手間が省け、効率よく検索できます。関連検索ワードが表示された場合は、キーボードの[↑][↓]キーを使って選択します。


Yahoo!リアルタイム検索

Yahoo!知恵袋

【リンク】:Yahoo!知恵袋
Yahoo!知恵袋は、疑問に思っていることを質問したり知っている事柄についての質問に回答することで、参加している方がお互いに知恵や知識を教えあい、分かち合えるサービスです。質問したい人と回答したい人を結び、幅広く情報を共有することを目指しています。電子掲示板上で参加者同士が知識や知恵を教え合うナレッジコミュニティ知識検索サービスです。Yahoo!知恵袋の利用に料金はかかりません。どなたでも無料でお使いいただけます。 質問や回答、投票、質問の評価を行う場合は、Yahoo! JAPAN IDでのログインと利用登録の手続きが必要です。


Yahoo!知恵袋


【目次】

教えて!goo

NTTレゾナント教えて!『goo』

【リンク】:教えて!goo

gooは、NTTレゾナントが運営するポータルサイトである。名称は「global network が無限大に拡大し続ける」ことに由来する。NTTグループがサービスするポータルサイト「NTT DIRECTORY」は「OCN navi」へ名称変更後、「OCNサーチ」としてサービスしている。教えて!gooは、あなたの質問と回答を “誰か” と結びつける、日本最大級の無料Q&Aコミュニティです。誰にも相談できない悩みや素朴な疑問も、ここでアドバイスや答えがもらえるかもしれません。


教えて!goo


【目次】