この世の総ての理!総てを支配する真理『78:22の法則』!

『78:22の法則』目次





この世の総ての理『78:22の法則』!

この全宇宙を支配する理がここに!『78:22の法則』ユダヤの法則!

『78:22の法則』とは別名『ユダヤの法則』でもある!

『78:22の法則』という言葉をご存知でしょうか?これは別名『ユダヤの法則』とも称され世の中できごとは総て『78:22』の割合で構成されています。私たちが生息している地球を例にとって解説すると。地球の大気は『窒素が約78%』に対して『酸素・二酸化炭素・その他の気体が22%』また、地球の海と陸地の比率も『海78%と陸22%』である。


そして人間(子ども)の身体も『水分78%』に対してその他の『物質22%』で構成されている。人間の呼吸では『肺呼吸が78%』に対して『皮膚呼吸は22%』さらに、足の裏にかかる体重の割合は『かかとが78%』に対して『つま先が22%』の割合で全体重を支えている。また腸内の理想的な善玉菌と悪玉菌の割合も『78%:22%』と証明されている。あらゆる事象は『78:22』の割合で構成されていて人類はこの数字のバランスが崩れると体調不良や病気になること言われています。

『78:22の法則』で構成される黄金バランス!

総ては『78:22の法則』で出来ていると言われています。例えば、下の表のような事例があります。
言われると、なんか聞いたことあるな・・という気がするでしょう。

自然界での『78:22の法則』

地球は『海が78%』『陸が22%』
空気は『窒素78%』『その他が22%』で割合が『78:22』

人間の体は『水分が78%』『その他が22%』
腸内の善玉菌が78%に対して、悪玉菌が22%が理想的。
肺呼吸と皮膚呼吸の割合は78対22
足裏の体重負荷率は78:22

経済での『78:22の法則』

『22%』のお金持ちが世の中の『78%』のお金を動かしている
売上の約『78%』は全顧客『22%』の人達により生み出されている
お金を貸したい人が『78%』に対して借りたい人が『22%』の割合でできている

企業の従業員で『78%』は生産性があり『22%』は生産性がない、しかし生産性のない『22%』をリストラすると『78%』の生産性のある従業員のうち『22%』で生産性がなくなる不思議は法則。

例を挙げたら切がありませんが総ての理は『78:22の法則』この数字の比率で成り立っているのです。


【目次】



ビジネス『78:22の法則』!

『78:22の法則』はビジネスの世界では凄い力を発揮しています。

ビジネスの世界では凄い力を発揮して実績を残しています。なぜ『78:22の法則』の法則がユダヤの法則と言われるのか。総ての物は『78:22』という数字で成り立っているのは宇宙の原理原則であるからです。また金融世界を操るユダヤ人の大富豪たちも、この『78:22の法則』を活用して成功を収めてきたいう実績があります。『78:22の法則』の原理原則を用いて世の中には、お金を貸したい人が『78%の割合』お金を借りたい人が『22%の割合』でいると考え『お金を貸したい人』と『お金を借りたい人』つまり『78:22』この数字の割合で管理したことで銀行が最大の利益を得て『銀行業』で大成功を収めこの『78:22の法則』が本物であることが証明されました。


日本経済の面白い伝記をひとつ紹介するなら、日本マクドナルドを一流企業へと成長させた故・藤田田社長も『78:22の法則』を用いて日本で一番有名になって成功を収めた人物といえる。彼は日本にハンバーガー文化が無いにもかかわらずアメリカのハンバーガーチェーン店のマクドナルドを日本に誘致して成功を収めた自分、しかし経営戦略や先見の明も素晴らしかった。例えば日本人の平均的な昼食の予算を1コイン500円と計算し、顧客はそのうち78%を使うと考えたが、その結果誕生したのが『39セット(390円)』爆発的な大ヒット。『サンキューセット』が『新語・流行語大賞』大衆賞を受賞して素晴らしい実績残した。余談ではあるが、不思議なことに藤田社長が亡くなった年齢も78歳であった。


【目次】

商品開発『78:22の法則』!

『78:22の法則』で女性向けの商品が売れるわけ!

ユダヤ人の教えの一つに『男は総ての収入の78%を稼ぎ!・女は総ての収入の78%を使う!』という言い伝えがあります。また商売の基本として『利益の78%』は総ての『商品の22%』で利益が生まれるとう商売の鉄則もあります。ビジネスの世界ではどちらの考えもよく認識されています。


男性はステータスを高めるために働いて稼ぎ、女性はステータスを高めるために稼いだお金を使う。このユダヤ人の法則が証明していることは、男性自分の地位向上のために収入を多く求め、女性は自分の地位向上のために稼いだお金で自分自身を彩る!つまりなんらかの商品を開発するには男性向けよりも女性向けの商品を開発して商売したほうが有利であるということを示しています。


女性といえば多少の違いはあるにせよ自分自身を輝かせるために化粧品や貴金属、ブランド被服やバッグで彩り、現在では優雅に食事をしている風景や旅行先での写真をSNSに投稿して自分自身をアピールしています。このように女性向けの商品は付加価値が高いが確認できます。さらに結婚しても家庭の家計は女性がやりくりをするので家族の出費を考慮するとき『家』『車』『育児』『教育』『保険』『老後』など女性である妻の思考と発言が大きく影響します。


一方、男性はブランド物の被服やバッグといった自分自身を輝かせる価値よりも、本当に生活に必要なものを最低限そろえるという習慣があります。男性のステータスを表現する一部として人気があるのは時計や車といった一部にはマニアックですが何か歴史を感じる物を好む傾向にあるため、高額な商品ですが重要と供給のバランスがマッチングしていないため商品開発には慎重さが求められます。


【目次】



『78:22の法則』と『パレードの法則』!

現代の経済で活躍する『パレートの法則』

『78:22の法則』この法則は決して『オカルト』的な逸話ではない。イタリアの経済学者ヴィルフレド・パレート(1848~1923)は『78:22の法則』の法則から着想を得て『パレートの法則』という理論を導き出しました。『パレートの法則』とは、経済において『全体の数値の8割は、全体を構成するうちの2割の要素が生み出している』という理論である。


パレートの法則で例えとして、よく引き合いにされるのが『働きアリの法則』です。『働きアリの法則』とは企業の組織全体の2割程の要人が大部分の利益をもたらしており、そしてその2割の要人が間引かれると、残り8割の中の2割がまた大部分の利益をもたらすようになるというものである。経済以外にも自然現象や社会現象など、さまざまな事例に当て嵌められることが多い。


つまり、これを適用するならば『会社の売上の8割は、その会社の2割の商品で生み出している』そして『売上の8割は、2割の従業員が生み出している』ことになる。そして『故障の8割は、全部品のうち2割に原因がある』『所得税の8割は、課税対象者の2割が担っている』『プログラムの処理に要する時間の8割はコード全体の2割の部分が占める』など、パレートの法則は、現在でもマーケティングなどさまざまな分野で応用されている。


【目次】

『78:22の法則』とロングテール!

ロングテールを用いた活用法!

ロングテール【the long tail】とは、主にインターネットを活用した物品販売の手法の一つの概念で、売れ筋のメイン商品『20%』の売上よりも、あまり売れない『80%%』のニッチな商品で販売機会の少ないアイテムでも絶対数を揃え幅広く取り扱えるようにする。または対象となるユーザーの絶対数を増加させることで全体の売上げを拡大する手法。


冪乗則(べきじょうそく)に従う商品の売り上げを、販売数(population)を縦軸に、商品(product)を横軸にして、販売成績の良いものを左側から順に並べると、あまり売れない商品が右側になだらかに長く伸びるグラフが描かれる。左側だけ急峻に高くなっているのは、販売数が大きな商品が全体ではわずかな品目であることを示し、右側が低くなだらかなのは販売数量が低い商品が全体の品目数ではほとんどを占めることを表している。ただし非常に多くの種類を取り扱う必要がある。このグラフの、恐竜の尻尾(tail)のような形状から『ロングテール』と呼ばれている。

ロングテールの起源

ロングテールとは最初アメリカの『Wired誌編集長』のクリス・アンダーソンが『米ネットフリックス』や『Amazon.com』などの特定のビジネスモデルを説明するために提唱したもので『売れ筋商品』と『それ以外の商品』を軸に並べたとき、その売上の少ないほうの商品部分(テール)が、低く長く図示され恐竜のしっぽのような姿になり『売れ筋商品』が恐竜の頭に見えることからロングテール(長いしっぽ)と称されました。


【目次】




『78:22の法則』のまとめ!

『78:22の法則』と『パレードの法則』を活用して未来を創造する!

ユダヤの『儲ける法則』

ユダヤ人が商売に対する心構えの儲ける法則がある。ユダヤ人の成功者達の思考で本当に極端なことを言えば『22%』は達成せずとも良い(失敗しても良い)『失敗した分は明日やろう』という考え方で、凄くポジティブで大らかな、のん気な思考で大成功を収め大業を成し遂げ実績を創りました。その証拠に成功者ほど数多くの失敗を経験しています。ユダヤ人は『ある程度の失敗』は、総ての均衡したバランスを保つために必然であるという思考を持っています。


このユダヤの『儲ける法則』を活用して収入の『22%』を資産運用に活用することで財産を無限に増やすことができます。例えば社会人で給与として収入を得ている人は『給与の22%』を貯蓄に回していけば財産が築けます。自分自身の給与の残り『78%』を自由に使えるとしたら凄く豪華に生活ができるような気がしませんか?


投資の世界では投資家はユダヤの『儲ける法則』を活用して『78%』は投資をするための情報収集と分析『22%』で実践投資。そして『22%の負け』を考慮して損切りを設定『78%の勝ち』の勝ちを意識して利益設定、つまり『頭とシッポ』は対象外!このような思考で投資を実践してくと確実に資産が増えてゆくと思います。

人生の目標!

目標設定の重要さは様々なところで検証実践されています。特に重要なのは目標を設定する過程をユダヤの法則『78:22の法則』で人生の目標を明確に設定すると面白いことが起きるということです。目標を達成すために『78%』の明確で詳細な計画を立てる、そのあとで目標を達成するために必要な失敗してもいい目標を『22%』の割合で創ると凄く心に余裕できて大成功を収めることができます。


例えば人生の目標を10年と設定して目標を達成するためにユダヤの法則『78:22の法則』を活用すると10年は(約3650日)で『2847:803』の割合で『目標を成功するための詳細な計画:2847日』『目標を達成するために必要な失敗する目標:803日』の計画を詳細に創ると大成功を収めます。目標を約5年(1825日)で計画するなら約『1423.5日:401.5日』となります。


【目次】

世界で有名なユダヤ人!

活躍するユダヤ人

ユダヤ人で有名な偉人や著名人

ユダヤ人は世界での偉人を見回してみると人類の歴史の創成期から始まり『宗教』『経済』『金融』『政治』『科学』『娯楽』など数多くの分野で素晴らしい実績を残し世界に貢献して我々に夢と希望、そして素晴らしい感動を与えています。


真の神・真の人:イエス・キリスト

キリスト教の多くの教派(正教会、東方諸教会、カトリック教会、聖公会、プロテスタント)において、三位一体(至聖三者)の教義の元に、神の子が受肉(藉身)して人となった、真の神であり真の人である救い主として(一部の教派では、単性論と通称される、神としての属性を強調する立場で)信仰の対象となっている。

イエス・キリスト
出典:ウィキペディア


物理学者:レオナルド・ダビンチ

音楽、建築、数学、幾何学、解剖学、生理学、動植物学、天文学、気象学、地質学、地理学、物理学、光学、力学、土木工学など様々な分野に顕著な業績と手稿を残し、「万能人 (uomo universale)」 という異名などで親しまれている。ルネサンス期を代表する芸術家であり、「飽くなき探究心」と「尽きることのない独創性」を兼ね備えた人物といい、日本の美術史では「万能の天才」といわれている。史上最高の呼び声高い画家の一人であるとともに、人類史上もっとも多才の呼び声も高い人物である。

レオナルド・ダビンチ
出典:ウィキペディア


医師・占星術師:ノストラダムス

ルネサンス期フランスの医師、占星術師、詩人。また料理研究の著作も著している。日本では「ノストラダムスの大予言」の名で知られる詩集を著した。彼の予言は、現在に至るまで多くの信奉者を生み出し、様々な論争を引き起こしてきた。アヴィニョン大学で教養科目を、モンペリエ大学では医学を、それぞれ学んだ。南仏でのペスト流行時には積極的に治療にあたり、後年にその時の経験などを踏まえて『化粧品とジャム論』などを著した。

ノストラダムス
出典:ウィキペディア


経済・金融:ロスチャイルド家

18世紀後半にフランクフルトのゲットー(ユダヤ人隔離居住区)出身のマイアー・アムシェル・ロートシルトが銀行家として成功し宮廷ユダヤ人となった。彼の五人の息子がフランクフルト(長男アムシェル)、ウィーン(二男ザロモン)、ロンドン(三男ネイサン)、ナポリ(四男カール)、パリ(五男ジェームス)の五か所に分かれて銀行業を拡大させた。

ロスチャイルド
出典:ウィキペディア


映画監督:スティーブン・スピルバーグ

スティーヴン・スピルバーグ は、アメリカ合衆国の映画監督、映画プロデューサー。アメリカ映画アカデミー会員。大英帝国勲章 受章。

スティーブン・スピルバーグ
出典:ウィキペディア


科学者:アルバート・アインシュタイン

特殊相対性理論および一般相対性理論、相対性宇宙論、ブラウン運動の起源を説明する揺動散逸定理、光量子仮説による光の粒子と波動の二重性、アインシュタインの固体比熱理論、零点エネルギー、半古典型のシュレディンガー方程式、ボーズ=アインシュタイン凝縮などを提唱した業績などにより、世界的に知られている偉人である。

アルバート・アインシュタイン
出典:ウィキペディア


実業家・Facebookの共同創:マーク・ザッカーバーグ

アメリカ合衆国のプログラマ、実業家。Facebookの共同創業者兼会長兼CEO。 ハーバード大学在籍中にソーシャル・ネットワーキング・サービスサイト「Facebook」を立ち上げた。2010年のTime誌「Lizard Of The Year」に選ばれた。

マーク・ザッカーバーグ
出典:ウィキペディア

放送作家・タレント:デーブ・スペクター

日本を拠点に活動するアメリカ人テレビプロデューサー、放送作家、著作家、タレント、コメンテーターである。株式会社スペクター・コミュニケーションズ代表取締役。アメリカ合衆国イリノイ州シカゴ出身。公称身長170cm。血液型O型。

デーブ・スペクター
出典:ウィキペディア


【目次】



ユダヤ教『タルムード』

『政治・教育改革はユダヤ『タルムード』の教えを手本により』

ユダヤ教の教えである『タルムード』ではこのようなことを謳っています。

    1. 笑いなさい
    2. 他人とは違うものを発見せよ
    3. 権威を憎み、権威になるべからず
    4. 逆境こそチャンスと考えよ
    5. カネより時間を大切にせよ
    6. まずは元手がいらないことから始める
    7. 相手の話は自分の話の2倍聞け
    8. 生涯にわたって学び続けよ
    9. カネは奪われるが知識は奪われない
    10. 知識より知恵を重視せよ。



【目次】