言霊ってなに?

言霊ってなに?

『言霊』ってなに?

『言霊』ってなんでしょうか?

『言霊』とは?

『言霊』(ことだま)は、端的に言えば言葉や文章の中に特別な霊力が宿るという意味です。人間は、自分自身が使う言葉や文字によって人生が左右されるといっても過言ではありません。自分自身で発する言葉や文字が『幸せだ』と言えば不思議な言霊の霊力で幸せが引き寄せられ『不幸だ』と言えばその瞬間から不幸な未来がやってきます。

『言霊』の定義ってなに?

『言霊』における正確な定義は『研修者』や『宗教家』または『時代背景』や『歴史の変遷』そして、人類一個人の思考や思想によって解釈が全く異なり違う次元の認識になる場合があります。『言霊』とは端的に解説すると総ての言語(言葉)または文字に宿る精霊や霊力のことを指して表現します。少々非科学的でオカルト的な表現かもしれませんが『言霊』』とは世界中で非公開ながら認識されている特殊で特別な魔法的表現とも表されることも多々あります。正確には言葉に宿るとされる神秘的な霊的な力のことで『言魂』とも表現することがあり『言霊』とは、この世のあらゆる事象や現象を司とる万物創生という神秘のエネルギー源を与えられた宇宙創成時から存在する唯一無二の情報伝達に用いられる総称が『言霊』です。

『言霊』の霊力ってなに?

 また『言霊』』の霊力の源でもある言葉や文字には、その言葉や文字に宿る特殊な魂や霊があり、その言葉や文字が持っている霊力や魂の総ての力を司る魂と霊がトリガー(引き金)となって、その言葉と文字の、あらゆる事象や現象を個別に認識できる唯一の手段です。以上において『言霊』は森羅万象の象徴として、あらゆる事象や現象そして、現世や来世と言った非科学的な世界を含めたすべての宇宙に存在するもの形容を司ります。すなわち『森羅』は樹木が無限なく茂り並ぶ様であり『万象』とは万物やあらゆる現象を、つまり総ての様々で特殊な生命の事象や現象、また、無限の時間と空間の繋がりと広がりなどを源として言葉と文字で形容して表すことで、一つの『言霊』として表現します。

『言霊』とはなにか?

 そして『言霊』とは何かというと究極には複雑な原理で凄く未知の領域を含んだ神秘のコミュニケーション手段または伝達手段と表現することが出来ます。その表現を端的に解説すると、一般的に言葉と文字は言語認識生命体や知的生物体である人類を含め言語や文字を使うことのできる生命体の感情伝達手段やコミュニケーション手段として自分自身以外の生命体を理解する形で用いる意思疎通手段の一つとして用いて使用することができます。

『言霊』と聞いて?

 余談ですが、あなたは『言霊』と聞いてどのような感情を抱きましたか?人類には『言霊』の精霊や霊力を信じる人と信じない人など多くの人々の見解や意見に分かれているのが現実です。『言霊』の力を信じる人は『スピリチュアル』が好きな人が多いとされ冒険心や向上心が強い人、また『言霊』の力を信じない人は『言霊』とは非科学的かつ非現実的で一種のオカルトとして見られる事が多く客観的・冷静的に物事に対して対処観察することができる人が多いとされています。あなた自身は『言霊』という言葉を直感で聞いて感じて、どのような感情を受けましたか?次の章の言霊をもっと簡単に解説するとで簡潔に解説して行きます。



【目次】
 

言霊をもっと簡単に解説すると!?

言霊をもっと簡単に解説すると!?

『言霊』を簡単に?

『言霊』を凄く簡単に説明すると。

『言霊』を凄く簡単に説明すると自分自身が声に出した言葉や文字にして書き起こした文字が、現実の事象に対して実際に何らかの影響を与えることです。例えば良い言葉や文字を発したり書き出したりすると良いことが起こり、不吉な言葉を発したり書き出したりすると凶事が起こります。『言霊とは?』で解説しましたが『言霊』とは言葉や文字に精霊や霊力が宿った状態と解説しました。それでは『精霊』とか『霊力』とは何でしょう?『精霊』や『霊力』について凄く簡単に解説します。それでは『精霊』とは『せいれい』若しくは『しょうりょう』と読みます。

『言霊の精霊』

 『精霊』(せいれい)とは万物の根源をなすとされる精気。ありとあらゆる生物・無生物そして有機物や無機物など総ての物に宿り自由に遊離することができる超霊的存在。そして種々の心霊的な働きをする超自然的存在の総称です。しばしば宗教的な存在として祖霊,守護霊,妖怪などとして使用され原始的宗教の対象として使用されています。『精霊』(しょうりょう)の解釈としては死者の魂、霊魂として使用されます。『精霊』おなじ感じで違う読み方が存在するなんて本当に日本語って不思議な文字ですね。そんな不思議なもじだからこそ『言葉』という不思議な力を秘めて凄い未知の能力を発揮します。

『言霊の霊力』

 『霊力』(れいりょく)と読みます。『霊力』とは『霊(霊魂)』『魂』『生霊』『精霊』などの現代科学では明快に解明することが困難な『霊』という神秘的で魅力的な素晴らしい未知の力を秘めている能力のこといいます。端的ですが『精霊』『霊力』の解説でした。

それでは『言霊』を簡単に解説すると『言霊』とは総ての物に宿る『精霊』『霊力』の神秘的な力を駆使して物事を表現する方法です。

【例えば】

 みなさんは自分自身の氏名はお持ちですよね。あなたの両親があなたに遥かなる想いをよせて命名した大切な名前。同じように現代は何かを識別する場合、その『者』や『物』に、特有の名前が付いています。現代において『者』や『物』に識別するための名前が無いことはありません。ある固有の『者』や『物』そして、あらゆる出来事、事象や現象に付いている、または使用されている『名前』や『名称』について、なぜ、その『名前』や『名称』になった意味を考えたことはありますか?

『言葉の備忘録:管理人

 『言霊の備忘録』の管理人『蒼依 玲(あおい れい)』苗字『蒼依』は両親から受け継いだ大事な名前の『苗字』の部分になり『玲』は両親が健やかにスクスクと育つことを願い命名してくれた大切な名前です。名前の『玲』の意味を調べてみると『玲』は名前に使われる人気の漢字だそうです。『玲』は『怜』や『伶』など似たような漢字があり、読み方の『レイ』の響きにどの漢字を使うか凄く悩む状況ですね。その中で『玲』という漢字の文字が持つ意味『美しい音色』の『美しい』という響きや『透き通るように美しい様子』などの表現が私は凄く好きで大変気に入っています。

このように『言霊』とは、その言葉や文字に秘められた神秘的で命名した人の溢れる魂の想いを宿したものと表現することができます。



【目次】
 

言霊と日本の歴史!

言霊と日本の歴史の真実!

『言霊の歴史』

 『言霊の歴史』は宇宙の歴史と同義と定義することができます。無から有に転じる一つの事象から始まる総ての『者』『物』に名前が命名されたときから『言霊の歴史』は始まっています。その『言霊の歴史』のなかで我国日本との歴史的関係を簡潔に紐解いて解説します。『日本の言霊の歴史』をすべて紐解こうとすると、その解説だけで1冊の書籍が出来上がりますので『言霊』の歴史を端的に掻い摘んで解説します。

『日本の言霊の歴史』

 日本での言霊の歴史は古く、日本最古の歴史書である『古事記』にはすでに『言霊』を司る神の『一言主大神(ヒトコトヌシノオオカミ)』が登場しています。日本で言霊が本格的に信仰され始めたのは、中国から『漢字』が伝わってきた『万葉時代』とされています。日本神話と称される伝承は、ほとんどが『古事記』『日本書紀』『風土記』の記述によるものです。

『言霊の思想』

 『言霊の思想』は『万葉集』に見ることが出来ます。『言霊』という言葉が日本の文献で最初に登場するのは『万葉集』で、有名な『言霊の幸はふ国』のフレーズとして山上憶良の「好去好来の歌」の冒頭に出てきます。『万葉集』では、その時代を生きた人々の心情が浮き出てくるのですが、その基本には『たま』があり、時代によって『玉』『珠』『霊』『魂』となって登場してきます。

『言霊信仰』

 日本では『言葉には霊力が宿っている』と信じられています。この考えは『言霊信仰』と呼ばれ、特殊な『名前』には特別な力が宿っていると考えられています。『言葉の霊力』を利用した『言霊信仰』は祝詞や呪詛も生まれ、かの有名な平安時代の『安倍晴明』は陰陽道という『言霊の霊力』を用いて陰陽師として、悪霊や鬼退治をしたと云う伝説があります。

『言霊の霊力』

 また、戦国時代には『言霊の霊力』を用いて様々な呪術が編み出されたとも云われ、最近では江戸時代の終焉で歴史が大きく変わった『明治維新』のときも『言霊の霊力』を尊重し日本人は『言霊信仰』を失わず。『言霊の力』を用いてきました。このように長い年月をかけて日本人に浸透してきた『言霊信仰』は日本の言霊の歴史と称するとこができます。



【目次】
 

言霊と世界の歴史!

『言霊と世界の歴史』は人類の歴史と同じ!?

【国家ってなに?】

言霊と世界の歴史を解説する前に現在地球上に『国家(こっか)』と存在するものはどれくらいあるのでしょうか?またその国で使用されている公用語・言語はいったいどれくらいあるのでしょうか?素朴な疑問から解説して行きます。まずは『国家(こっか)』の定義ですが少し難しくなりそうなので『ウィキペディア(Wikipedia):国家とは』から引用させて頂きました。

【国家の定義とは?】

ウィキペディア(Wikipedia):国家とは?
『Wikipediaより引用』国家(こっか)とは、国境線で区切られた国の領土に成立する政治組織で、その地域に居住する人々に対して統治機構を備えるものである。領域と人民に対して、排他的な統治権を有する(生殺与奪の権利を独占する)政治団体もしくは政治的共同体である。政治機能により異なる利害を調整し、社会の秩序と安定を維持していくことを目的にして社会の組織化をするのが国家(こっか)と定義されていますので、この定義を基準とします。

【世界の国の数っていつくなの?】

外務省(世界と日本のデータを見る)から引用させて頂きました。
現在外務省が承認している世界の国の数は196か国です。現在,日本が承認している国の数である195か国に日本を加えた数です。最近では、ニウエ(2015年5月15日),南スーダン(2011年7月9日)及びクック(2011年3月25日)を承認しました。と記述があります。ここでは日本政府が承認している国家の数『196か国』を世界の国家の数を基準とします。

【世界の言語の数】

それでは世界の言語はどれくらいになるのか?世界の言語の百科事典ともいえるEthnologue(エスノローグ)のTOPページに記載がある『世界で7,097の知られている生きている言語を見つけ、読んで、そして研究してください。』(原文のまま)という文章から地球上の言語は7,000種類以上あると推察でき、この言語の数を基準とします。

また言語とは何かと定義するとEthnologue(エスノローグ)の言語識別の問題で、言語を定義する方法の選択は、ある言語を他の言語とは異なるものとして識別する際の目的によって異なります。との定期が有りますのでこの定義を基準とします。

【聖書は世界的ベストセラー】

言葉が誕生した時から『言霊』が出来たと解説しました。この定義に当てはめると地球上の全世界には7,000以上の『言霊』あることになります。そこで、世界で最も使用されている言霊とは何でしょう?それは『聖書』です。『聖書』は『ヘブライ聖書』または『旧約聖書』『新約聖書』と表記される場合もあります。2017年現在、聖書は全部または一部が世界3,200以上の言語に翻訳されている。世界的に歴史がある全世界の人々に愛読される超ベストセラーです。

【聖書の一説!】

みなさんもテレビのナレーションや解説の一文で『聖書の一説には、こんな記載があります。』などの解説や文字を見たり聞いたりしたことはありませんか、これが『世界の言霊』の歴史を物語っています。端的に言えば『言霊の世界の歴史』は聖書の歴史と言っても過言ではありません。聖書の一文一節は言霊の一文一節でもあるのです。

【聖書の歴史は言霊の歴史!】

言霊の歴史である聖書が出来たのは何時頃なのでしょう?最初に聖書として成立したのは紀元前5世紀から4世紀頃と言われています。ユダヤ民族がペルシアの支配下にあった時期です。ユダヤ教が民族宗教としてそれなりに本格的に成立したと言えるのは『出エジプト』の出来事の時期だと言われています。紀元前13世紀のことです。この時から、聖書の冒頭である最初の章が始まるまで約9,000年という長い年月が過ぎて行きます。ユダヤ教には長い間『聖書』というものは存在しませんでした。

【人類の歴史が言霊の歴史!】

しかし、モーセの誕生により聖書の原型が作られ始めます。『創世記』『出エジプト記』『レビ記』『民数記』『申命記』の五つの文書が聖書のいわゆる『モーセ五書』と云われています。この原型の『記』に様々な文書や伝記が付け加えられて『記』と『章』の数が増えて聖書の原型が出来上がりました。このように『人類の誕生の歴史』と『言霊の歴史』は同調していて『言葉や文字が誕生』した時に『言霊』も一緒に誕生したと考えられています。



【目次】
 

言霊の良い使い方!

言霊の不思議な魅力!

『言霊』によって人生が左右される?

言霊とは『精霊』や『魂』などの『霊力』を宿した言葉で自分自身が発した言葉によって、その事象や現象が左右されます。

例えば感謝や労い、お礼の言葉などを積極的に惜しみなく相手に伝えられる方は『人を幸せにする』言霊が宿ります。『ありがとうございます』や『お疲れさまです』などコミュニケーションが円満に取れるというのは自分自身で発している『霊力』が宿った『幸せの言霊』を無意識に使って自分自身を含めて相手にも幸福な一時を与えることで、相手からも『霊力』が宿りし『幸せの言霊』の言葉を受け取り素晴らしい人間関係が築けると共に未来に関してあなたの思い描ける人生という名の運命が切り開けます。

『未来の運命!?』

そんなことで自分の未来の運命が何故切り開けるのか?疑心暗鬼ですよね。勿論、一朝一夕に心のこもった感謝の言葉や労いの言葉を掛けて思い描いた自分の思い通りの人生が手に入るのなら、こんなに素晴らしいことはありませんよね。しかし、日頃からの積み重ねは時には自分自身では想像もしないような奇跡を導いてくれることがあります。

『アリストテレスの言霊の一つ』

『人格は繰り返す行動の総計である。それ故に優秀さは単発的な行動にあらず、習慣である』
“We are what we repeatedly do. Excellence, then, is not an act, but a habit”

という言霊の一節が有ります。

『日々の思いやりの行動の結果!』

この『言葉』の意味は、人間は日々の行動の繰り返しの総計が、あなた自身を形成しています。ですから、あなたの素晴しい行動は、思いつきや単発的な事ではなく、あなた自身の習慣であると考えられます。如何ですが、あなたの人を思いやる行動が思い付きやその場しのぎの単発的な行動ではなく、日々の習慣的な行動の結果であることが相手にも伝わっています。

『ポジティブな思考?』

先の例は極端かもしれませんが、日々の生活の中で意識掛けて『ポジティブ』な言葉を発していると、不思議なのですが物事が何故か上手くいったという経験はないですか?例えば朝、出かける前にテレビの占いで自分自身に良い結果が出て無意識的に友人や知人に今日の占いは最高だったといか話したりしていませんか?そんな時、本当に稀にしかも偶然を絵に描いたように素敵な出逢いが巡ってきます。前から欲しがっていた素敵な物が手に入ったりすることがあると思います。

『良い言霊の使い方!』

このような不思議な現象も、あなたの日々の思いやりの行動が『言霊』の霊力によって人生を切り開いたと言えます。言葉や文字を発したり書いたりするときは、発する言葉や書き出す文字に気を付けて相手を想い尊重しながら言葉や文字を使うと、良い『言霊』の霊力があなたの人生の運命を切り開きます。



【目次】
 

言霊の悪い使い方!

嫌われる言霊の使い方!

『忌み言葉ってなに?』

 言霊の良い使い方を解説した後は絶対に使用しないで頂きたい『言霊』の悪い使用方法を解説していきます。日本には『忌み(いみ)言葉』という、その場にふさわしくない、縁起の悪い言葉を控えるという習慣があります。何がどのように何故ふさわしくないのか?なぜ縁起が悪いのか?などはその場の雰囲気や場合の環境によって変化するので凄く難しく感じると思われます。

『結婚式で使用される?』

 特に『忌み言葉』として凄く縁起の悪い言葉とされて嫌われているのが、結婚式での『忌み言葉』です。特に縁起が悪いとされる、言葉や漢字、言い回しにおいては、招待状やスピーチ、新郎新婦のプロフィール、感謝の言葉などでは絶対に使用することは厳禁とされています。


 最近の若い世代の方々は『忌み言葉』をそれほど気にすることなく使用しているように見えますが、親戚一同、ご年配の方が多く参加する結婚式や披露宴では絶対に『忌み言葉』を使用しない様に心がけて下さい。では、どの様な言葉が『忌み言葉』として嫌われているかと言うと『割れる』『別れる』『去る』『切る』などの言葉は絶対に使用しないで下さい。

『濁点や句読点もだめなの?』

 『忌み言葉』とは少し異なりますが『、』や『。』などの句読点(くとうてん)も縁起が悪いとされているので、結婚式や祝い事で使用する文章に使用するのは控えるように心掛けて下さい。また、結婚式や披露宴と同様に中学・高校・大学の受験を控えた『受験生』に対して『落ちる』や『滑る』『消える』などの言葉は、縁起が悪い『忌み言葉』として避けられていますのでご注意ください。

『悪い気運!』

 何故『忌み言葉』が嫌われているのかと言うと『言霊』の強力な霊力で発した言葉が現実になると考えられているからです。このように『言霊』の霊力の意識は昔から私たちの生活に根付いています。また、その他にも日常的に相手の悪口を言ったり不適切な言葉を使用していると『言霊』の霊力が『悪い気運』を集め、その集まった『悪い気運』はあなたへと取り込まれ、あなたの人生において、あまり良くない出来事が続くと思われます。

『まとめ』

 このように『言霊』の使い方を間違えると不幸な人生を自分自身で選択することになります。特にご注意頂きたいのは日常的に相手に不愉快を与える言葉を使用しているとその言葉の『言霊』が負のエネルギーを蓄えあなた自身に災難が訪れることか有ります。この不必要な災難を避けるためにも日頃から相手の気持ちになって、その相手を思いやる気持ちを育て良い『言霊』を使用するように心掛けて下さい。



【目次】
 

言霊を形成することで命が宿る名前

言霊を形成することで命が宿る名前

『編集調整中』

ご訪問頂きまして、誠にありがとうございあます。
ただ今、編集調整中につき掲載までしばらくお待ち下さいませ。



【目次】
 

言霊で命が宿り現実を形成する

言霊で命が宿り現実を形成する

『編集調整中』

ご訪問頂きまして、誠にありがとうございあます。
ただ今、編集調整中につき掲載までしばらくお待ち下さいませ。



【目次】
 

言霊との上手な付き合い方

言霊との上手な付き合い方

『編集調整中』

ご訪問頂きまして、誠にありがとうございあます。
ただ今、編集調整中につき掲載までしばらくお待ち下さいませ。



【目次】
 

言霊と人生の作り方

言霊と人生の作り方

【見出し_10:h3】

『編集調整中』

ご訪問頂きまして、誠にありがとうございあます。
ただ今、編集調整中につき掲載までしばらくお待ち下さいませ。



【目次】
 

後期編集

後期編集

『編集調整中』

ご訪問頂きまして、誠にありがとうございあます。
ただ今、編集調整中につき掲載までしばらくお待ち下さいませ。



【目次】