投稿ページ上部
投稿内上部

青春(せいしゅん:あおはる)ってなに?

青春(せいしゅん:あおはる)について考察してみた。

青春という言葉の考察と観察!

青春(あおはる)とは?

 青春(あおはる)とは世界の常識からすると、人類の年齢で表現するなら概ね10代のティーンエイジ、13歳から19歳までの10代の特有の感情や能力で未知に溢れ無限のパワーと冒険心、そして特殊な好奇心を備え、エネルギッシュに活動でき空想力と想像力豊かな素晴らしい能力であると表現することが出来ます。

 また、青春を表現するのに適した表現方法が有ります。それは『思春期』です。人類の身体構造・生殖生理作用が成人へと発育完成する時期、また生殖器以外でも身体の外形的性差が生じ、つまり男の子は男性らしく女の子は女性らしく身体が変化し生殖能力を持つようになり性的に成熟し心身ともに子供から大人に変化する時期のことです。

 思春期を迎えると人を好きになるという素晴らしい未知なる能力を発揮します。幼少期の『好き』とは別の特別な感情で、初めて家族以外の異性を好きになる、一緒の時間を共有したいという身勝手な素晴らしい感情を発揮します。特に日本の義務教育では愛とか恋については学習指導要領には組み込まれていません。

 恋に落ちる瞬間や人を愛する方法などは義務教育では絶対に学習するとこはありませんが、人類は学習していないに人を好きになることが出来ます。これは活力ある『青春』という未知の空間と力が作用しているのです。

 あなたも経験があると思います。特別な異性を好きだけと素直に好きといえないモドカシイ気持ち、言葉で表現すると身体の一部に不明の痛みが走り『キュンキュンキュン』として心に痛みが走るという『不治の病』にかかり、特別な人を想うとなにも手に付かなくなり、その人のことだけを考え想いに浸る。そんな経験があるのではないかと思います。

学業・部活またはそれ以外で夢中になったもの!

 未知なるパワーに溢れエネルギッシュで行動範囲が未知数な能力を保持している。『青春』といおう特別な能力は『思春期』の身体的変化以外にも『学業』『部活動』『その他の活動』に全力を注いで取り組みます。

 特に学業に関しては『青春』という未知の能力を自由に使用できる期間は成人になるために必要最低限の知識を身に着ける義務教育という大人が決めた学習方法で学習するために多くの時間を費やして学習に励みます。

 その学業の中で未知なる知識を習得する喜びを極めたいという感情が芽生えた人々は学習に未知なる能力を注ぎ成長します。知識の習得以外に身体活動に対して未知なる未来を感じて身体活動にエネルギッシュな活動能力を使用する人々、そのかには『音楽』や『ボラティア』など様々な活動が有ります。

 恋愛以外で夢中になったモノ、自分の時間を活用して知識や技術を取得して自身を成長させるために打ち込んだ環境で、お互いの意見が合わずに主張がぶつかり、気持ちが擦れ違ったりするが、夢中になったモノに全力を尽くせる。

 そんな、素晴らしい未知の感情行動を総称して表現する場合に『青春』を用いたいと思います。しかし『青春』と表現する形容詞を使う場合に10代の若者だけの特権としていいものでしょうか?

おじさんでも『青春』したい!?

 『青春』という未知の能力環境を10代だけのティーンエイジだけの特別の能力として定義するのは凄く『モッタイナイ』気がします。年齢に関係なく、夢中になれる何かに懸命に活動しエネルギッシュに活動しているのなら年齢に関係なく『青春』の特別な環境を謳歌していると表現しても良いと考察します。

 人類の年齢を現代社会の表現方法で年代別に個別に固有の言葉で表現すると!?男性女性共に『ティーンズ』と称される人は13歳から19歳以下の年齢の人々。『ヤング』は20~24歳以下『ヤングミドル』は25~34歳以下『ミドル』と称される人はおおむね34歳以上54歳以下『シニア』とは、55歳以上の人々と定義されています。

 様々な文系や資料を年代別に調べてみましたが明確な基準は曖昧です。職種や業界や目的によって感じ方が様々で意見が違うということなのでしょうが【WHO(世界保健機関)】では高齢者を65歳以上と定義付けています。特に職種や業種で線引きが凄く曖昧なのが『ヤングミドル』と『ミドル』で職種や業種によっては表す年齢が重なって表現されている場合があります。

 わたくしがここで伝えたいのは『青春』という特別の能力と環境を『ティーンズ』だけの特別なものと定義ずるのには意義を唱えたいということです。『ティーンズ』『ヤング』は青春という言葉を抵抗なく使用できるかもしれませんが『ヤングミドル』『ミドル』『シニア』の年齢の方々も何かの活動を通じエネルギッシュな活動をしているのなら年齢に関係なく『青春』を謳歌していうと表現が適していると定義できます。

青春を文学的に表現すると。

 青春とは元々は『春』を表す言葉であると表現されています。古代中国の五行思想という考え方では『春』には『青(緑)』という言葉と表現が当てられ。同様に『夏』を『朱(赤)』・『秋』を『白』・『冬』を『玄(黒)』に当てて表現し、それぞれに『青春(せいしゅん』『朱夏(しゅか)』『白秋(はくしゅう)』『玄冬(げんとう)』という言葉を当て単語として表現し形容詞として用いられるようになり、これらは季節を表す言葉で用いられることになり転じて、日本では特に『青春』について人生における若く未熟で、しかしながら元気で力に溢れた時代を指すようになったとされています。

 ちなみに『青春(せいしゅん』以外の『朱夏(しゅか)』『白秋(はくしゅう)』『玄冬(げんとう)』形容詞が人間の年代を表す言葉や形容詞として用いられることは一般的な用法ではないとされています。また、文学の中では中学、高校生を中心とした10代の青少年を題材に、その活動の描写を語られることが多く。近年の先進国では、大学進学率の向上により学生の高年齢化が進み、20〜30歳までを『青春』に含む見方もある。

青春を謳歌する!

青春を謳歌するの『謳歌』と言う言葉の意味を調べてみると!

コトバンク:大辞林 第三版の解説

①:多くの人が声をそろえてほめたたえること。喜びなどを言動にはっきり表すこと。 「青春を-する」
②:声をそろえて歌うこと。また、その歌。 「詩変じて謡と成り-せらる/閑吟集」
③:うわさすること。また、うわさ。 「洛中に-し、山上に風聞す/平家 一本・延慶本」


コトバンク:デジタル大辞泉の解説
1:声を合わせて歌うこと。また、その歌。「或は之を諷詠し、或は之を―し」〈柳河春三編・万国新話〉
2:声をそろえて褒めたたえること。「世は名門を―する、世は富豪を―する」〈漱石・野分〉
3:恵まれた幸せを、みんなで大いに楽しみ喜び合うこと。「青春を謳歌する」「平和を謳歌する」

 『謳歌』の意味を確認したところで『青春を謳歌する!』という意味を考察する時、人は経験や思い出、考え方が人によって様々あるように『青春を謳歌する!』と表現する方法は無数にあると有ると考えられますが、ここでは一般的に使用されている『青春を謳歌する!』という意味を考察した結果を定義します。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
おすすめ記事エリア
おすすめ記事エリア