投稿ページ上部
投稿内上部

言霊の備忘録・管理人の超偏見による言霊の考察!

言霊についての考察と解説の目次

『言霊』ってなに?

『言霊』ってなんでしょうか?

『言霊』とは?

『言霊』(ことだま)は、端的に言えば言葉や文章の中に特別な霊力が宿るという意味です。人間は、自分自身が使う言葉や文字によって人生が左右されるといっても過言ではありません。自分自身で発する言葉や文字が『幸せだ』と言えば不思議な言霊の霊力で幸せが引き寄せられ『不幸だ』と言えばその瞬間から不幸な未来がやってきます。

『言霊』の定義ってなに?

『言霊』における正確な定義は『研修者』や『宗教家』または『時代背景』や『歴史の変遷』そして、人類一個人の思考や思想によって解釈が全く異なり違う次元の認識になる場合があります。『言霊』とは端的に解説すると総ての言語(言葉)または文字に宿る精霊や霊力のことを指して表現します。少々非科学的でオカルト的な表現かもしれませんが『言霊』』とは世界中で非公開ながら認識されている特殊で特別な魔法的表現とも表されることも多々あります。正確には言葉に宿るとされる神秘的な霊的な力のことで『言魂』とも表現することがあり『言霊』とは、この世のあらゆる事象や現象を司とる万物創生という神秘のエネルギー源を与えられた宇宙創成時から存在する唯一無二の情報伝達に用いられる総称が『言霊』です。

『言霊』の霊力ってなに?

 また『言霊』』の霊力の源でもある言葉や文字には、その言葉や文字に宿る特殊な魂や霊があり、その言葉や文字が持っている霊力や魂の総ての力を司る魂と霊がトリガー(引き金)となって、その言葉と文字の、あらゆる事象や現象を個別に認識できる唯一の手段です。以上において『言霊』は森羅万象の象徴として、あらゆる事象や現象そして、現世や来世と言った非科学的な世界を含めたすべての宇宙に存在するもの形容を司ります。すなわち『森羅』は樹木が無限なく茂り並ぶ様であり『万象』とは万物やあらゆる現象を、つまり総ての様々で特殊な生命の事象や現象、また、無限の時間と空間の繋がりと広がりなどを源として言葉と文字で形容して表すことで、一つの『言霊』として表現します。

『言霊』とはなにか?

 そして『言霊』とは何かというと究極には複雑な原理で凄く未知の領域を含んだ神秘のコミュニケーション手段または伝達手段と表現することが出来ます。その表現を端的に解説すると、一般的に言葉と文字は言語認識生命体や知的生物体である人類を含め言語や文字を使うことのできる生命体の感情伝達手段やコミュニケーション手段として自分自身以外の生命体を理解する形で用いる意思疎通手段の一つとして用いて使用することができます。

『言霊』と聞いて?

 余談ですが、あなたは『言霊』と聞いてどのような感情を抱きましたか?人類には『言霊』の精霊や霊力を信じる人と信じない人など多くの人々の見解や意見に分かれているのが現実です。『言霊』の力を信じる人は『スピリチュアル』が好きな人が多いとされ冒険心や向上心が強い人、また『言霊』の力を信じない人は『言霊』とは非科学的かつ非現実的で一種のオカルトとして見られる事が多く客観的・冷静的に物事に対して対処観察することができる人が多いとされています。あなた自身は『言霊』という言葉を直感で聞いて感じて、どのような感情を受けましたか?次の章の言霊をもっと簡単に解説するとで簡潔に解説して行きます。

【目次】

言霊をもっと簡単に解説すると!?

言霊をもっと簡単に解説すると!?

『言霊』を簡単に?凄く簡単に説明すると。

『言霊』を凄く簡単に説明すると自分自身が声に出した言葉や文字にして書き起こした文字が、現実の事象に対して実際に何らかの影響を与えることです。例えば良い言葉や文字を発したり書き出したりすると良いことが起こり、不吉な言葉を発したり書き出したりすると凶事が起こります。

『言霊』とは?で解説しましたが『言霊』とは言葉や文字に『精霊』や『霊力』が宿った状態と解説しました。それでは『精霊』とか『霊力』とは何でしょう?『精霊』や『霊力』について凄く簡単に解説します。それでは『精霊』とは『せいれい』若しくは『しょうりょう』と読みます。

『言霊の精霊』

『精霊』(せいれい)とは万物の根源をなすとされる精気。ありとあらゆる生物・無生物そして有機物や無機物など総ての物に宿り自由に遊離することができる超霊的存在。そして種々の心霊的な働きをする超自然的存在の総称です。しばしば宗教的な存在として祖霊,守護霊,妖怪などとして使用され原始的宗教の対象として使用されています。

『精霊』(しょうりょう)の解釈としては死者の魂、霊魂として使用されます。『精霊』おなじ感じで違う読み方が存在するなんて本当に日本語って不思議な文字ですね。そんな不思議なもじだからこそ『言葉』という不思議な力を秘めて凄い未知の能力を発揮します。

『言霊の霊力』

 『霊力』(れいりょく)と読みます。『霊力』とは『霊(霊魂)』『魂』『生霊』『精霊』などの現代科学では明快に解明することが困難な『霊』という神秘的で魅力的な素晴らしい未知の力を秘めている能力のこといいます。端的ですが『精霊』『霊力』の解説でした。

それでは『言霊』を簡単に解説すると『言霊』とは総ての物に宿る『精霊』『霊力』の神秘的な力を駆使して物事を表現する方法です。

『言霊の使用例!』

 みなさんは自分自身の氏名はお持ちですよね。あなたの両親があなたに遥かなる想いをよせて命名した大切な名前。同じように現代は何かを識別する場合、その『者』や『物』に、特有の名前が付いています。

 現代において『者』や『物』に識別するための名前が無いことはありません。ある固有の『者』や『物』そして、あらゆる出来事、事象や現象に付いている、または使用されている『名前』や『名称』について、なぜ、その『名前』や『名称』になった意味を考えたことはありますか?

『言葉の備忘録:管理人の蒼依 澪と申します。』

 『言霊の備忘録』の管理人の管理人蒼依 澪と申します。苗字『蒼依』は両親から受け継いだ大事な名前の『苗字』の部分になり『澪』は両親が『源氏物語』の唄の『みをつくし 恋ふるしるしに ここまでもめぐり 逢ひけるえには 深しな』という和歌があります。

 これは『澪標(みおつくし)=身を尽くし』と掛けて『身を尽くして恋した甲斐があって、澪標のあるこの場所で再会ができる二人の縁は実に深いものだ。』という恋をした相手への強い想いを表現した和歌になっています。

 『身を尽くし努力を惜しまず。』無償で人を手助けをすることができる優しい心を持った人間に育つようにと『澪』という名前を付けてくれたと聞きました。無償で人助けが出来るなんて凄く素晴らしいことなので私は凄く好きで大変気に入っています。

 また、名前の持つ意味としては『いつまでも若々しく美しい子に育ってほしい』や『いつまでも瑞々しい感性を大事にしてほしい』といった願いや想いを考えることが出来る。また、澪標に紐付けて『人助けのできる優しい人になってほしい』『人を導ける人に成長してほしい』『迷わずにまっすぐ進んでほしい』という願いを込めて命名することもあるそうなので、管理人としては『澪』名前は凄く大切にしたい名前だと思っています。

 このように名前にも古より『言霊』は存在し、言葉や文字に秘められた神秘的霊力で命名した人の溢れる魂の想いを名前に宿し表現することが出来ます。

【目次】

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
おすすめ記事エリア
おすすめ記事エリア