言霊の備忘録:島田紳助の名言・格言集100選プラスα!Episode04

島田紳助ってどんな人なの?

島田紳助氏のプロフィール

 島田 紳助(しまだ しんすけ)1956年3月24日【本名:長谷川 公彦(はせがわ きみひこ)】京都府京都市南区出身。AB型。1974年から2011年の芸能界引退時まで一貫して吉本興業(よしもとクリエイティブ・エージェンシー)に所属。元お笑い芸人・タレント・作詞家・映画監督・テレビ番組のプロデュースなど幅広く活動。漫才コンビ出身でコンビ時代は紳助・竜介のボケを担当。松本竜介との漫才コンビ、紳助・竜介を結成。漫才ブームの中『ツッパリ漫才』で人気を獲得。85年5月に紳助・竜介を解散後、日本テレビ『歌のトップテン』の司会に起用されたのをきっかけに、多くの番組で毒を含んだ独特の司会術を確立した。

 TBS系『オールスター感謝祭』、日本テレビ系『行列のできる法律相談所』など多数の番組の司会を務める。また、フジテレビ系バラエティ『クイズヘキサゴンII』にて結成された羞恥心やPaboなどのユニットに『カシアス島田』名義で歌詞を提供するなど、多方面で活躍。2001年には吉本興業から「漫才復活のために知恵を貸してください」と頼まれ、漫才選手権大会(テレビ番組でもある)『M-1グランプリ』を企画。大会委員長として審査員も務めた。厳しい審査の中でますだおかだ、フットボールアワー、ブラックマヨネーズ、チュートリアル、サンドウィッチマンなど数多くの若手漫才師を世に送り出す。

 おぎやはぎ、南海キャンディーズ、オードリーなど優勝には至らなかったもののこの大会をきっかけにブレイクしたコンビも多い。2008年度からは「国民的行事」と呼ばれるほどの注目度と人気が高まった(この年、関西地区での平均視聴率35%以上、瞬間視聴率は40%以上を記録した)。2010年で惜しまれつつ一旦終了したが、紳助は『惜しまれて終わるのが一番良い』と述べている。

島田紳助の愛称
 多くの芸能人からは「紳助さん」「紳助師匠」と呼ばれていたが、同期の明石家さんまや和田アキ子、笑福亭鶴瓶、上岡龍太郎、坂田利夫、やしきたかじん、上沼恵美子、ビートたけし、間寛平、B&B(島田洋七・島田洋八)、島田一の介、タモリ、大橋巨泉、所ジョージなどの年上の著名人及び、年下の先輩の著名人からは「紳助」、山城新伍からは「紳助ちゃん」、オール巨人、大平サブローからは「紳ちゃん」、今田耕司や松本人志からは「紳助兄やん」と呼ばれていた。また、クイズ!ヘキサゴンⅡでは、「カシアス島田さん」、「カシアスさん」などと呼ばれることもあった。2011年8月23日、突如、芸能界引退を発表し世間を驚かせた。

趣味・嗜好
 1986年から1995年までの10年間、レーシングチーム『チーム・シンスケ』の監督として、鈴鹿8時間耐久ロードレースや全日本ロードレース選手権に参戦した。NHKのスポーツ番組でインタビューが放送されたこともある。1980年代後半はバブル景気の絶頂期であり、モータースポーツ界には各方面のタレントをお飾りで監督に仕立てた(つまりサーキットに来てもレース関係の仕事は何もしない)レーシングチームが2輪・4輪を問わず乱立していたが、紳助は自ら企画書を作成してスポンサー企業を回ったり、レース当日は自分で作戦を立ててライダーやスタッフに指示を出したりし、他のタレント監督とは完全に一線を画していた。

 その時の活動を書いた著書『風よ、鈴鹿へ』は、小説ではあるがノンフィクションに限りなく近い作品である。また、1991年にはバイクレースをテーマとした映画『風、スローダウン』の監督をつとめている。自身も高校時代に経験しているためかボクシングに対しての造詣が深く、他のスポーツに比べてマイナーなイメージがある事を遺憾に思っている。先述の亀田一家のパフォーマンスや、辰吉丈一郎が対戦相手


『(ウィキペディア日本語版)』『(ウィキペディア英語版)』より抜粋。

島田紳助の名言・格言集100選プラスα!Episode04

島田紳助の名言・格言集100選プラスα!No,076


 他人は成功しか見ないのです。失敗を恐れずトライするべきやで。トライしないと成功は一生ないからな。

島田紳助の名言・格言集100選プラスα!No,077


 旦那や彼氏の鞄や財布や携帯を覗いても、そこに君らの幸せは絶対にないよ。

島田紳助の名言・格言集100選プラスα!No,078


 誰にでも与えるものはある。笑顔を与える、笑いを与える。求める活動から与える活動へ転換をはかろうや。

島田紳助の名言・格言集100選プラスα!No,079


 チャンスは時間があり余っている人を何とか探し出そうとするように思いますが、実はそうではなく、目標と夢、そしてそれを達成するための計画を持っている人の前に現れます。

島田紳助の名言・格言集100選プラスα!No,080


 辛いこと、苦手なことをやって、苦しいときは成長している証しです。だから、ニヤッと笑いながら苦しんでください。

島田紳助の名言・格言集100選プラスα!No,081


 『ついていない』と言い続けると、その言葉に自分がコントロールされ、不幸を感じて生きることになります。でもそれは、ついてないという気がするだけです。

島田紳助の名言・格言集100選プラスα!No,082


 ツッコミは努力で上達するものだが、ボケの才能はそうはいかない。生まれつきのもので、努力は一切関係ない

島田紳助の名言・格言集100選プラスα!No,083


 年をとった人間は、若さが買えるなら1億円だって払う。だから、若いということは、ポケットに1億円持っているのと同じ。でも使わないでいると、なくなってしまうお金なんだよ。だから、使わないと。

島田紳助の名言・格言集100選プラスα!No,084


 ドライブに行った帰り道は早い。なんでいうたら一度見た風景やから。だからドライブ行った時は、帰り道は必ず違うルートで帰るほうかいい。何故かって、一度のドライブでいっぱい違う景色が楽しめるから。生きる事もそうやて。今までと違う生き方をすんやて。

島田紳助の名言・格言集100選プラスα!No,085


 とにかくコツは、当てるため番組をたくさんやること。力を入れないこと。力を入れすぎたら、挫折が大きい。

島田紳助の名言・格言集100選プラスα!No,086


 どんな時も、人の話を聞きましょう。それが明日へ進むヒントです。

島田紳助の名言・格言集100選プラスα!No,087


 どんな敵が来ようとも、自分の結果を残せばいいんやと思う。

島田紳助の名言・格言集100選プラスα!No,088


 努力するっていうのは本当は5するものやのに、2しか努力してへん奴が『俺は努力している。俺はこんなに努力しているのに・・・』って言うんや。

島田紳助の名言・格言集100選プラスα!No,089


 70%の自信と30%の不安を持ちなさい。すると人は成長する。その30%を何とか埋めて、自信に変えようと思うから、それが努力というものに繋がる。

島田紳助の名言・格言集100選プラスα!No,090


 なぐさめは、痛み止めです。根本的な治療にはなりません。痛み止めの後は、ちゃんと治療を。大切な友達なら、厳しい現実を語ってあげましょう。でも、まずは痛み止めから始めるのですよ。

島田紳助の名言・格言集100選プラスα!No,091


 何か新しいことや、今の仕事をやる上で不安になったら、起こりえる最悪の事態を想定するんや。それを受け入れられると感じた瞬間、不安はなくなる。最悪も想定の範囲内だから、困ることは何もないんや。

島田紳助の名言・格言集100選プラスα!No,092


 何かを強く信じることができれば、別に宗教は必要ないのです。だから私は無宗教です。私自身を信じて、私の心に手を合わせるのです。

島田紳助の名言・格言集100選プラスα!No,093


 何かを始めるのは怖いことではない。怖いのは何も始めようとしないことやで。

島田紳助の名言・格言集100選プラスα!No,094


 人間、誰かにちょっと負けているなあと思ったときは、だいぶ負けている。だいぶ負けているなあと思ったときは、もうむちゃくちゃ負けてる。

島田紳助の名言・格言集100選プラスα!No,095


 20戦を全勝しなアカンと思ってるやろ!だから、1敗でもしたら全部が無駄になると思ってしまうやん!そうじゃないで人生は!人生は15勝14敗でいいねん!1勝でも勝ち越した奴が幸せな人やねん!

島田紳助の名言・格言集100選プラスα!No,096


 年齢に凹んだりするな。年齢なんて役所の登録に過ぎない。

島田紳助の名言・格言集100選プラスα!No,097


 人と比較をして劣っているといっても、決して恥ずることではない。けれども、去年の自分と今年の自分とを比較して、もしも今年が劣っているとしたら、それこそ恥ずべきことやで。

島田紳助の名言・格言集100選プラスα!No,098


 人は何度やりそこなっても『もういっぺん』の勇気を失わなければ、かならずものになるで。

島田紳助の名言・格言集100選プラスα!No,099


 人の価値は、どれだけの物を得られるかではなく、どれだけのものを与えられるかで見るべきやで。

島田紳助の名言・格言集100選プラスα!No,100


 夫婦仲悪いと、子どもは非行に走る。非行は親への子供からの最大で力いっぱいのメッセージやで。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
おすすめ記事エリア
タブウィジェット003
おすすめ記事エリア