言霊の備忘録:瀬戸内寂聴の名言・格言集100選プラスα!Episode01

瀬戸内寂聴ってどんな人なの?

瀬戸内寂聴氏のプロフィール

 瀬戸内寂聴(せとうちじゃくちょう)本名:瀬戸内晴美(せとうちはるみ)日本の小説家・天台宗の尼僧で京都府在住。僧位は権大僧正。1997年文化功労者で2006年文化勲章受章。1922年5月15日、徳島県徳島市塀裏町(現・中州町)の仏壇店(瀬戸内商店)を営む三谷豊吉・コハルの次女として生まれ、体が弱く、本を読むのが好きな子供だった。後に父が従祖母・瀬戸内いとと養子縁組したため、晴美も徳島高等女学校時代に三谷から瀬戸内に改姓。1973年に出家し法名を寂聴する。戸籍上は1987年に瀬戸内寂聴と改名、氏名の変遷は三谷晴美⇒瀬戸内晴美⇒瀬戸内寂聴。

 東京女子大学在学中の1943年に21歳で見合い結婚し翌年に女の子を出産、その後夫の任地北京に同行。1946年に帰国し、夫の教え子と不倫し、夫と3歳の長女を残し家を出て京都で生活。大翠書院などに勤めながら、初めて書いた小説『ピグマリオンの恋』を福田恆存に送る。

 1950年に正式な離婚をし(長女とは後年出家後に和解したという)、東京へ行き本格的に小説家を目指し、三谷晴美のペンネームで少女小説を投稿し『少女世界』誌に掲載され、三谷佐知子のペンネームで『ひまわり』誌の懸賞小説に入選。少女世界社、ひまわり社、小学館、講談社で少女小説や童話を書く。また丹羽文雄を訪ねて同人誌『文学者』に参加、解散後は『Z』に参加。

 小説家。本名晴美。大正11年5月15日、徳島市の神仏具商の家に生まれる。小学生のころから世界・日本文学全集を読破。東京女子大学国語専攻部に在学中に外務省留学生と結婚、中国の北京(ペキン)へ渡る。1946年(昭和21)長女を連れて帰国。48年夫の教え子と恋愛をし、京都へ出奔。この青年との関係は、運命の伏線のように、その後の人生の曲折ともかかわり、作家瀬戸内晴美誕生の機縁となる。その後、妻子ある作家との8年に及ぶ愛情関係をモチーフに、五欲煩悩に迷う体験から、人間に内在する暗い世界の模索を試みた私小説系列の作品を書く。

 修道女を志すも、乳児を残して男性と逐電した過去の行状から、教会から拒否されたと言う。出家を志して、多くの寺院にあたるも拒否されていたが、1973年に今春聴(今東光)大僧正を師僧として中尊寺にて天台宗で得度、法名を寂聴とする(戸籍上の氏名は、1987年に天台寺住職となった際に瀬戸内寂聴に改名)。翌年、比叡山で60日間の行を経て、京都嵯峨野で寂庵と名付けた庵に居す。尼僧としての活動も熱心で、週末には青空説法(天台寺説法)として、法話を行っていた。ただし通常の出家のような禁忌生活ではなく、出家後も男性と付き合い、化粧をし、酒を飲み、高級霜降り肉もたくさん食べていると自ら認めている。

 ■代表作『夏の終わり』(1963年):『花に問え』(1992年):『場所』(2001年)■主な受賞歴新『潮同人雑誌賞』(1956年):田村俊子賞(1961年):『女流文学賞』(1963年):『谷崎潤一郎賞』(1992年):『芸術選奨』(1996年):『野間文芸賞』(2001年):『文化勲章』(2006年):『泉鏡花文学賞』(2011年)新潮同人雑誌賞を受賞した「花芯」はその過激な内容と子宮の単語が多かったことから、瀬戸内寂聴は『子宮作家』と呼ばれバカにされた逸話あり。


ウィキペディア日本語版』『ウィキペディア英語版』より抜粋。

瀬戸内寂聴の名言・格言集100選プラスα!Episode01

瀬戸内寂聴の名言・格言集100プラスα!No,001

愛とは、現在にしかないもの。

瀬戸内寂聴の名言・格言集100プラスα!No,002

相手の立場を想像する力、相手の欲することを与えることが『愛』です。相手が何を欲しているかを考えて下さい。相手の身になってしたいことをしてあげればいいのです。

瀬戸内寂聴の名言・格言集100プラスα!No,003

相手が今何を求めているのか、何に苦しんでいるのかを想像することが思いやりです。その思いやりが愛なのです。

瀬戸内寂聴の名言・格言集100プラスα!No,004

相手の立場に立ってモノを考えれば、人間は他者のためにどんなことでもできるのです。

瀬戸内寂聴の名言・格言集100プラスα!No,005

愛に見返りはないんです。初めからないと思ってかからないと駄目です。本当の愛に打算はありません。困ったときに損得を忘れ、助け合えるのが愛なのです。

瀬戸内寂聴の名言・格言集100プラスα!No,006

愛する者の死と真向きになったとき、人は初めてその人への愛の深さに気づきます。『私の命と取り替えてください。』と祈る時の、その純粋な愛の高まりこそ、この世で最も尊いものでしょう。

瀬戸内寂聴の名言・格言集100プラスα!No,007

あなたはたった一つの尊い命をもってこの世に生まれた、大切な存在です。

瀬戸内寂聴の名言・格言集100プラスα!No,008

あなたは苦しんだ分だけ、愛の深い人に育っているのですよ。

瀬戸内寂聴の名言・格言集100プラスα!No,009

いろんな経験をしてきたからこそ、あなたの今があるのです。すべてに感謝しましょう。

瀬戸内寂聴の名言・格言集100プラスα!No,010

与えられた限りある時間に、思い残すことなく人をたっぷり愛しておかなければとしみじみ思います。

瀬戸内寂聴の名言・格言集100プラスα!No,011

あらゆる戦争は悪だと思っています。戦争にいい戦争なんてありません。私たち老人は、そのことを語り継がなければなりません。

瀬戸内寂聴の名言・格言集100プラスα!No,012

相手が今何を求めているか、何に苦しんでいるかを想像することが思いやりです。その思いやりが愛なのです。

瀬戸内寂聴の名言・格言集100プラスα!No,013

いくつになっても、おしゃれ心を失わないこと、好奇心を失わないこと、若い人と付き合うこと。これが、若さを保つ秘訣です。

瀬戸内寂聴の名言・格言集100プラスα!No,014

生かされているのですから素直に有り難いと思いましょう。生きている値打があるから生かされているのですもの。

瀬戸内寂聴の名言・格言集100プラスα!No,015

生きるということは、この世を去る日まで自分の可能性を諦めず、与えられた才能や日々の仕事に努力し続ける事です。

瀬戸内寂聴の名言・格言集100プラスα!No,016

いろんな経験をしてきたからこそ、あなたの今があるのです。すべてに感謝しましょう。

瀬戸内寂聴の名言・格言集100プラスα!No,017

一日一日を大切に過ごして下さい。そして、『今日はいい事がある。いい事がやってくる』『今日はやりたい事が最後までできるんだ』この事を思って生活してみて下さい。

瀬戸内寂聴の名言・格言集100プラスα!No,018

一日に一回は鏡を見る方がいいです。できればにっこりと笑ってみてください。心にわだかまりがない時は、表情がいきいきしているはずですよ。

瀬戸内寂聴の名言・格言集100プラスα!No,019

美しいもの、けなげなもの、可愛いもの、または真に強い勇ましいものに感動して、思わず感情がこみあげて、涙があふれるというのは若さの証しです。ものに感動しないのが年をとったということでしょう。

瀬戸内寂聴の名言・格言集100プラスα!No,020

おしゃれの女は、掃除が下手と見て、だいたいまちがいない。

瀬戸内寂聴の名言・格言集100プラスα!No,021

男女の間では、憎しみは愛の裏返しです。
嫉妬もまた愛のバロメーターです。

瀬戸内寂聴の名言・格言集100プラスα!No,022

男女の恋の決算書はあくまでフィフティ・フィフティ。

瀬戸内寂聴の名言・格言集100プラスα!No,023

お子さんに「何のために生きるの?」と聞かれたら!『誰かを幸せにするために生きるのよ』と答えてあげて下さい。

瀬戸内寂聴の名言・格言集100プラスα!No,024

大きな椿の花を咲かせるには、どうすると思いますか?まだ、つぼみが小さいうちに、ひとつだけを残してみな摘んでしまうのです。そうすれば、大輪の花を咲かせることができるのです。

瀬戸内寂聴の名言・格言集100プラスα!No,025

お返しを期待しない、感謝の言葉も求めない。それが本当の奉仕です。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
おすすめ記事エリア
タブウィジェット003
おすすめ記事エリア